カテゴリ:からだ( 1 )

健康第一

木金と、母のめまいが再発し、仕事休んで病院三昧でした。
木曜は、前回の脳神経の病院は辞めて、三半規管の方で個人の耳鼻科に連れて行きました。
とにかく動いたら吐くもので、金曜は入院する、と本人言い出し、
市立病院の耳鼻科に紹介状を書いてもらって連れて行きました。

市立病院、めっちゃ待ちました。紹介状の意味がない!!怒
広いから移動して受付、移動して受付の繰り返し。

まず耳の検査をするのに30分は待ちました。その間、ずっと吐き気と闘ってました。
そしてやっと診察。
ん~、呼ぶ医者の口調がそっけないな~と気になりました。

大きい病院ですから、症状をパソコンでカタカタ打つ医者。

私は迫力があるからか?私にはまぁまぁ普通でしたが、
しんどい親に対して何だか医者のそっけない態度。

医「入院したいなら措置しますけど、(大きい病気じゃないから)したから劇的に変わるわけじゃないんで
 点滴されて帰って様子みられるか、どうされますか?」←そっけなく

母「入院した方がいいならします」←話すのもやっと。

の問答を繰り返し。

はい、短気な私、我慢の限界。
私「連れて帰りましょうかね。」←イライラMAX

医「連れて帰られますかっ。わかりました。」←口調が柔らか。

患者に背中向けてしゃべりやがって。
この若造め(--メ) (って、自分より絶対年上)
歌舞伎役者の市川亀治郎が何倍にも ぬぼ~~~っとなった顔しやがって。

あ、それは関係ないですね、毒吐きました。笑
その後、また違う場所へ行って受付→点滴3時間。


動くと吐くので、なるべく動かないようにする為に、
一人、朝から紹介状をお願いして取りに行き、一回帰って、
まず色々先に手続きする為に、一人大きい病院へGO。

再度帰って急いで連れてきて診察

点滴1時間半で終わります

一度エルを見に帰る

親迎えに行く

1/3しか点滴終わってない!!

出直す

結局、5往復くらいしました。
幸い、家から近いから出来たことですが。

耳鳴りはしないのでメニエールではなかったです。
めまいの原因は肩こり、睡眠不足、ストレス、眼の疲れからくるのもでした。

これは、日頃の食生活と運動不足からくるものでしょうね。

はい、基本はここに戻るのですね。

最近、雑穀セミナー等で機会があれば勉強しています。

それで、明日から本格的に玄米生活と旬の野菜生活、
なるべく甘いものとカフェインを控えて過ごしていきます。

(なぜ明日からとういうと、玄米が届くから)

玄米は、ものすごい栄養素がたくさん詰まってます。
白米は、逆から読むと「粕(かす)」となるように、栄養素は乏しいです。
そこで、お米を玄米に、肝心なのは「安さ」に注目するのではなく、
ちゃんと美味しくて、農法にこだわってある玄米です。

もう一つは旬の野菜。
食べ物には、脳に季節を教えるエネルギーがあります。

例えば、真冬でもハウス栽培のおかげで、夏野菜が食べれます。
そうすると、真冬の旬の食べ物は「今は冬だよ~」と体に教えます。
今度は夏の旬の食べ物が「今は夏だよ~」と教えます。

そうすると、体は「どっち!?」とわけがわからなくなります。

これが、自律神経失調症の原因の一つだそうです。

だから旬ものは季節にあった体にする為に、大切なんですね。
我が熊本県はハウス栽培が日本でもトップです。
比例するように、人工透析の患者数もトップだそうです。

大きな問題はなく、原因がわからない、というときは、食生活が自分をダメにしているんですね。
親子共々、無理なく体を改善していきたいと思います。

時にはまじめなお話でした。笑
by nanaile | 2012-04-16 15:32 | からだ | Comments(0)